水

蕎麦にはたくさんの
「水」を使います。
そば粉をこねるとき。
蕎麦をゆでる時。ゆでた蕎麦を洗う時。
蕎麦つゆを作る時。
蕎波人ではそのすべてに地下水を使用しております。
裏山の竹林で濾過された自然の雨水や、目の前を
流れる川から少しずつしみこんだまさに自然の恵みの水を使用し、美味しい蕎麦作りを目指しています。

蕎波人の志

お客様

蕎波人ではお蕎麦を蕎麦つゆにたっぷりと付けて食べたいと
思っていらっしゃるお客様のために、おつゆを多めにお付けいたしております。
通の方の食べ方としては、あまり蕎麦つゆにつけないとされておりますが、
お客さまのお好きなように食べていただきたいと思っております。

ずるりずるりと音をたてて、美味しくお召し上がりくださいませ。

ホーム



   手打ち

蕎波人では創業以来、一切機械を使わず全ての工程を手作業で行っております。
手作業(手打ち)にすることにより蕎麦を多加水でこることができ、やわらかく腰のある蕎麦を打つことができるのです。

ひとつひとつの作業に心をこめて。
お客様の笑顔を思い浮かべてお蕎麦を作ってます。

inserted by FC2 system